私が昔からコンプレックスに感じている事は

ズバリ髭が濃いことです。
私は幼い頃から髭が濃いことに悩んでいます。

 

悩み始めたのはかれこれ中学校一年生の頃でした。
もともと老け顔だった私はその事で

よく友達からからかわれていましたが、

中学一年生の頃から顔が老け顔に加えて

髭が伸びてくるようになったのです。
生え始めてからの私はより友達にから

かわれるようになり毎日のように

髭を剃るようになってしまったのですが、

毎日髭を剃ると濃くなっていくっということを

当時の私は知識として知りませんでした。
一年間毎日髭を剃っているとやはり濃くなっていき、

顔が髭のあとで青くなっていくのを

マジマジと体験しました。
ですが、

さすがに中学生で髭を伸ばす訳にはいかず

毎日剃っていました。
髭のせいで老け顔はより進み、

中学校三年生の頃には20才くらいに

見られるようになってきたくらいです。
幼い頃はその事でよく悩んでいましたが、

年をとるにつれて見た目年齢は上がっていき、

高校二年生の頃には34才くらいに

見られるようになってきました。
社会人になり、

髭も普通に伸ばせるようになりましたが、

いかんせん、髭が似合わない顔なので

やはり毎日のように剃る生活でした。
29才の頃になると、

昔から老け顔だったおかげで、

顔自体は中学校の頃と変わらなかったので、

見た目年齢と実年齢が逆転するようになってきましたが

相変わらず髭が濃いのは変わりません。
これからもこの髭と付き合っていかなければならないと

考えると少しうんざりする今日この頃です。