私は、30台後半で1歳の娘がいます。
産まれた時から、髪が剛毛で強いクセがあり、

長い長さにして縛るというのが

日常の私のヘアスタイルでした。
前髪も作る事が出来ず、

授業でのプールの後にも髪が大変な状態になるなど、

思春期にかなり嫌な思いをしました。

 

そして、

その頃はどうしても自分に自信が持てませんでした。

初めて縮毛矯正を当てたのは高校生の時です。

 

その時には、

初めてショートヘアにチャレンジし、

念願の前髪を作り、

堂々とプリクラを撮れる位自信を持てました。

 

縮毛矯正をすることで、

自分が変われた気がして大変嬉しかったのを覚えています。
しかし、縮毛矯正も永遠ではなく、

生えてくるとまっすぐな所と

クセがある所との境目がしっかり付き、

変な状態になり3カ月ずつに

再度あてにいかなければいけないというものでした。

 

また、当初は近所の美容室に行っていた為か、

縮毛矯正は大変高額で

1度に約2万円程かかり、

時間も5時間位必要でした。

そんな縮毛矯正を結婚する29歳くらいまで

続けていたのですが、結婚し、

家庭を持つと、金銭的な面で、

また時間的な面や体力的な面で、

縮毛矯正を辞めざるを得なくなりました。

 

その状態でも長くしてしばるという

いつものスタイルで何とか切り抜けて来ていたのですが、

年齢を重ねるにつれて白髪が増えて来ました。

くせ毛で乾燥しやすい髪質のせいか、

比較的早くから白髪が出始め、

30代に入ったら白髪染めを

しなければいけないくらい真っ白になりました。

 

くせ毛だけだったら何とかなったのに、

白髪染めもしないといけないなんて、

と更にコンプレックスの塊になりました。
現在産後1年半、

なかなか美容院に行く機会もなく、

ニット帽で髪のコンプレックスを隠す毎日です。

 

髪質がストレートだったら、

流行っていたエアーなふんわりした髪型や、

ショートヘアなど色々な髪型に挑戦してみたぁったな、

人生も変わってたんだろうなと今でも思う事がよくあります。